【シネマ日和】「シンプルシモン」「 GANTZ」「 サマーウォーズ」 「きみに読む物語」「(500)日のサマー」

個人的で主観的な、最近みた映画の感想を書いていこう
というコーナーです。

シンプルシモン


★★★★☆

”ハートフルラブコメディ”と謳っていたと思いますが、
まさにそうだと思います。
スウェーデンの映画です。
画がおしゃれです。
ぼくは「ヘンテコな登場人物が織りなす
ヘンテコでやさしい話」が大好きです。
ばっちりはまりました。

『GANTZ』


★★★☆☆

原作は読んだことありません。
友人に『いぬやしき』を勧められて読んで作者を調べたら
奥浩哉さんでした。『変』の作者じゃないのか、と思ったらやっぱりそうでした。
『変』も読んだことはないのですが。
映画としては、十分楽しめました。
基本、”きもちわるい”ですが、みやすい映画でした。
テンポがいいんでしょうね。
漫画が原作ということもあって、
流れがはやすぎの感もありますが、
早く完結編の『GANTZ PERFECT ANSWER』も観たいと思います。
本当の評価はその時でしょう。
というくらい続編ありきのつくりの映画であると思います。

『きみに読む物語』


★★★★☆

洋画でラブストーリーでいいのないかなと調べたら
必ず出てきます。
『エターナルサンシャイン』と同じくらい出てきます。
今回ビックリしました。
実は、ぼくは以前この映画を観ていたのでした。
一度借りて観たのを忘れてまた借りてしまったのです。
「なんか観たことある気がするなー、なんか観たことある気がするなー」
と思いながら観ていて「やっぱ観たよ」と思い至ったのですが、
いつ頃観たのかはまったく思い出せません。
でも、好きな映画です。
レイチェル・マクアダムスがひたっすらかわいいのです。

(500)日のサマー


★★★★☆

誰もが通る人生の、青春の、道のりを描いた作品ということになるのでしょうか。
初恋の失恋から立ち直るにはいい作品なのかもしれない。
キュンとするシーンと、キュッと胸が締め付けられるシーンがあって、
観てる人が自分自身にあてはめて観れればはまれる映画だと思います。
いろいろ凝ったつくりもあって、おもしろかったです。

『サマーウォーズ』


★★★★★

びっくりしました。
おもしろかった!
細田守監督の作品は、
『おおかみこどもの雨と雪』を友人に勧められ観て大感動しましたが、
『サマーウォーズ』もよかったです。
2009年の作品なのにまだ観てなかったのです。
2009年にこんな作品つくってたのかー。
すごいなー。
語り尽くせぬ感動でした。
また別記事でかきたいです。
『時をかける少女』と『バケモノの子』も早く観ようと思います。