インターネット的

糸井重里さんの『インターネット的』読みました。


まだ、自分の中でも消化しきれてません。
何度か読まないといけないと思いました。

いま、自分の置かれてる環境というか、
状況というか、
いまの心境だから、よかったと思います。
すこし前の自分が読んでいたら、
Amazonのほしいものリストに登録した時に
すぐに読んでいたら、
ぼくはわかった気になって、
「なにいってんだろう」と思ったかもしれません。
そう思うくらい、今の自分だから実感こもって読めた気がします。

けど、消化できてない。

一番印象に残ったのは、
消費のクリエイティブでした。
「そうだ」と思いました。

ほぼ日の本と、この『インターネット的』を通して、
自分の中の「糸井重里観」が変わりました。
進化しました。
「不思議、大好き。」の人だけではなかったのです。

今は、『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ』を読んでいます。

次は『豆炭とパソコン』を読みます。

思い返すと、中川いさみさんの
この1コマからでした。

nakagawa1

中川いさみのマンガ家再入門

「ぼくは『コンテンツ』って言葉を
 『出し物』って翻訳しているんですよ」