崖の上のポニョ 絵コンテ

ジブリにハマったきっかけは、NHKのプロフェッショナルという番組で宮崎駿さんが特集されてる番組でした。

「緻密なとこから素朴へ舵をとる」みたいな、「ポニョ」制作にあたっての宮崎監督の苦闘をドキュメントしてる回で、すごかったです。
めちゃめちゃ苦しみながら作ってて。
当然といえば当然なんだけど、どういう風に映画作ってるかなんて知らなかったので。
「こんな巨匠でもこんなに苦しみながらもがいて作っていくんだな」ということが感動でした。

ハマるといっても、世代が世代なので、ジブリ作品を観て育ったのです。ジブリ映画はもともと好きに決まってました。「トトロ」「魔女の宅急便」「ラピュタ」「もののけ姫」などなど、全部、観てました。
「ナウシカ」も「紅の豚」も。
正直どちらかというと高畑勲監督の方が、僕は感動してしまう方でした。
(「ぽんぽこ」とか「おもひでぽろぽろ」とか)

その「プロフェッショナル」のVTRに感動して、一人で、映画館にポニョを観に行きました。

ポニョが、サカナの上をペタペタ走るシーンのそのペタペタの音に感動して、今も大好きなシーンですが、
宮崎駿にハマったのです。

この、絵コンテ全集を購入したのがいつなのかはおぼえてませんが、

この巻から、カラーなんです。
宮崎監督が、水彩絵の具を使いながら絵コンテかいたから、カラーなんです。
その分、本の値段は上がったんですけど。

ポニョは、映画としてはわかりにくかったのかもしれないけど、(当時、賛否両論ありました。)
「勢い」は、すごいです。
宮崎監督が、この映画に込めた想いが、「プロフェッショナル」をみると、かなり伝わってくるので、ぼくは大好きな映画で、この絵コンテ全集が大好きです。

スポンサーリンク

シェアー

フォローミー