装丁物語 和田誠

和田誠さんといえば、日本イラストレーション会の神(ゴッド)ですが、ぼくは本が好きなので、「本のデザインのこと”装丁”っていうのかぁ〜」って知ったときぐらいにこの本を読みました。

和田誠も好き、装丁も好き、というなかでこの本を読み進め(大学の図書館で借りて読んでました)、

読んでから、10年以上たっていて、今も記憶に残っているのは、

和田誠さん、本のバーコードにめっちゃキレてるやん!ってことです。

すんごい衝撃でしてん。

和田さんの主張も、私が未熟ながら、わかる。でも流通のためにバーコードを導入したことを誇らしげに語るおじさんの話も奇しくも聴く機会のあった自分にとって、すんごい衝撃でした。

でも、とにかくこの本好き。(読み返してないけど)